ラクしてヤセて何が悪い

ハードなダイエットは続かない。毎日ラクに少しずつ。

バターコーヒー

飲むだけ!バターコーヒーダイエット

2016/07/20

最近、世界のエグゼクティブな方たちが試しているという「バターコーヒーダイエット」をご存知ですか?

「バターコーヒー」…言葉だけ聞くとカロリーが高そうですね。そんなバターコーヒーでどうやってダイエットするのでしょうか。

69da0d8adefe24ea782ddfb2e4f45133_s

バターコーヒーダイエットのはじまり

バターコーヒーダイエットは一冊の本から有名になりました。


シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

著者のデイブ・アスプリーさんはアメリカの起業家・マーケター・投資家なのですが、肥満によって体調不良になった経験からこのバターコーヒーを独自に編み出したそうです。その結果、150kg以上あった体重を50kgも落とし、さらにIQを20ポイントも上昇させたそうです。

天才的ですね、これはぜひマネしたいです。

本にはバターコーヒーだけではなく、デイブさんの食に対する哲学や炭水化物やカフェインとの付き合い方が書かれていて、読み物としてもとても面白い内容です。

バターコーヒーの材料

さて、肝心のバターコーヒーの作り方ですがとってもシンプルです。

まずは材料から、

  • コーヒー(インスタント可)
  • 無塩グラスフェッドバター
  • MCTオイル

聞き慣れない材料が出てきましたね。

コーヒーはレギュラーコーヒーでもインスタントでもOKです。私は手軽さを優先してインスタントにしています。お気に入りはネスカフェのゴールドブレンドです。コーヒーに含まれるカフェインには代謝を高める効果があります。

 

無塩グラスフェッドバターとは「飼料を使わず牧草だけで育った牛」のミルクで作った無塩バターです。これは普通のスーパーではなかなか手に入りません。私は近所のスーパーを3件回りましたが全滅でした…ということでネットで買っています。

 

スーパーで売っている普通のバターと比べると格段に高いです。高級品です。250gでこのお値段はちょっと考えてしまうので、私はよりグラムあたりの値段の安い250gx2のセットを愛用しています。

 

もっと安く抑えるなら5kgの業務用サイズもあります。このくらいの量になるとグラムあたりの値段はスーパーの普通のバターとほぼ同じくらいになりますから経済的です。消費期限は短いですが、小分けにして冷凍すればOKです。(5kgありますから、冷凍庫の容量を確認してからご購入を…)

 

最後にMCTオイルです。MCTとは中鎖脂肪酸のことで、身体に吸収されると素早くエネルギーに変換され、体脂肪として蓄積されにくいという特徴があります。

つまり、体脂肪として蓄積されやすい油は避けて、蓄積されにくい油を積極的にとるという作戦です。

このMCTオイルもスーパーではあまり見かけません。私はネットでグラスフェッドバターと一緒に買っています。

 

余談ですが、このMCTオイルを加熱料理用の油として使うのはオススメできません。フライパン等にしいて加熱すると白煙をあげてしまうので要注意です。何より、お高い油なので大切に使いたいですね!

バターコーヒーの作り方

それでは、バターコーヒーの作り方を見ていきましょう。とってもシンプルです。

  1. ホットコーヒーを作る(約150ml)
  2. 無塩グラスフェッドバターを大さじ1、コーヒーに入れる
  3. MCTオイルを大さじ1〜2、コーヒーに入れる
  4. よく撹拌する
  5. できあがり!

この中の「よく撹拌する」が重要です。コーヒーとバターとオイルをよ〜〜くかき混ぜて乳化させることで正しいバターコーヒーが出来上がります。特にMCTオイルは乳化が不十分だとお腹を下してしまうこともあるので、これでもかっ!というくらいしっかり撹拌しましょう。ラテ用のミルク泡立器でもOKですが、私は過去に一度撹拌が不十分なバターコーヒーを飲んでお腹を下してしまって以来、ジュースミキサーでしっっっかりと撹拌するようにしています。


HARIO ( ハリオ ) ミルク 泡立て器 クリーマーゼット CZ-1


TESCOM MetalLine ジュースミキサー TM8100

バターコーヒーの効果的な飲み方

バターコーヒーの基本的な飲み方は、朝に1杯飲む。それだけです。これは実際に作って飲んでみると分かるのですが、バターコーヒーはかなり濃厚な飲み物です。ラテのようなコクが有り、1杯でも驚くほどお腹は満たされます。朝ごはんの代わりにバターコーヒーで十分です。

アレンジ☆バターコーヒー

とは言え、毎日同じ味のコーヒーでは飽きてしまいますよね。バターコーヒーのキモは無塩グラスフェッドバターとMCT(中鎖脂肪酸)オイルと、コーヒーに含まれるカフェインです。このルールを守れば効果は期待できるので、私はアレンジメニューとしてコーヒーを抹茶に置き換えた「バター抹茶」を試しています。

【材料】

  • 抹茶
  • 無塩グラスフェッドバター
  • MCTオイル

味は抹茶ラテのように口当たりなめらかで濃厚な味わいです。コーヒーに飽きた時にはオススメです!


一保堂茶舗 抹茶 雲門の昔40g

5fc74a859e84d34d9278af2bc1db1f23_s

おわりに

バターコーヒーダイエット、いかがでしたか?おそらく「材料が高い!」と思われたのではないかと思います。考え方次第ですが、近頃流行っている高額なパーソナルダイエット指導(ライ◯ップ etc.)と比べると費用は少なく、なおかつ気軽に始められると思います。

ラクして気軽に始められるこの新しいダイエット法、ぜひ試してみてください。

 

-バターコーヒー